ネット生活-ライフ空間-

ライフ空間では、通販感想レビュー、覚書等好きな事を紹介しています!
-ad-

スポンサーサイト

   [ --月--日 ] カテゴリ:スポンサー広告 | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雄叫びと共に帰ってくる従兄弟の娘

   [ 11月14日 ] カテゴリ:日記・雑文 | CM(-)

従兄弟の娘は小学一年生です。幼稚園のころから怖がりでジャングルジムも一段までしか登れないような繊細な女の子なので親からすると小学生になって一人で登下校できるのだろうかと不安ではあるそうです。

幸いにも登校時は近所の子供たちと集団登校できることになったのですが、下校時はどうしても一人になる時間帯があります。一応何度も事前に一人で歩く練習(ただし親が途中で隠れて見守っていた)をさせていたのですが、ついに初めて一人で下校するという日を迎えると親戚の私も気になって仕方ありません。

従兄弟は、途中まで迎えに行こうか、でもいつまでもそんなことでは自立できないのでは…と家で悩んでいたところ、「お母さ~ん!助けて~!!」との声が外から聞こえてきたそうです。
何事かと慌てて家から飛び出してアパートの外に出てみると娘が泣いていて、走り寄ってどうしたのか尋ねると、「ハエが怖い」との返答が。

そのとき確かに階段の近くに二匹ほどハエが飛んでいたそうですが…それだけです。しかし従兄弟の娘にはハエが脅威のようで足がすくんで動けないようでした。
そこで従兄弟が大袈裟にパンチやキックを繰り出して立ち向かうとハエたちはあっけなく逃げて行きました。
子供には「ハエさんだって君をいじめたくてここにいるわけじゃないよ、エサをとったりお仕事してるんだよ。でも怖い時はこうやってあっちいけってすれば大丈夫」

と言って安心させたそうです。次の日から娘が帰ってくる時に「あちょ~!」という雄叫びが聞こえるようになり、きっと一生懸命ハエと戦っているでしょう。
私としては、少しずつでも頑張って強く逞しく育ってほしいものです。


子供のしりとり

   [ 10月02日 ] カテゴリ:日記・雑文 | CM(-)

昨日、会社から外回りの仕事があったので、外出したのだが、たまたま社用車が空いておらず、電車で移動することになりました。 昼の14時過ぎで車内は結構空いていました。 私は15分ほど乗る予定だったので3歳くらいの男の子とお母さんの隣の席に座りました。

子供は長く乗車しているのか、飽きてしまっていて、お母さんが色々子供に提案しています。

「ねぇ、〇〇くん。しりとりしようか?」 「やだ」

「じゃあママからね〜。しりとりの『り』から始まっ『リンゴ』!」

お母さんは子供がやだって言っているのに強引にしりとりを始めたので、この時点でなんか可笑しくて笑いを堪えていると、

「…ゴッドファーザー」

もうここで私は爆笑。3歳くらいの男の子がゴッドファーザーって、完全に言葉のキャパ超えでです。
お母さんも笑った私に会釈をして

「すごい言葉出してきたねー。パパみたいだねー」

お父さんは一体どんな人物なんだろう?かなり気になります。

「ザから始まる『ザブトン』!」

あ!お母さん負けちゃいました!早いです。
突っ込み所満載でクスクス笑いを堪えるのが大変でした。

「ごめーん。ママの負けー!次は〇〇くんから始まってくださーい」

男の子はどんな言葉を言うんだろう。とかなり期待していたら

「…どかん」

大爆笑でした。
だって「どかん」ですよ。土管かな?スーパーマリオとかが潜るやつですか?しかも「ん」で最初から終わってるし、もう可笑しくて苦しくて涙を流しながら、男の子とお母さんにバイバイして電車を降りました。

この後、1日ずっと思い出してはニヤニヤしていました。
子供って面白いんだなぁって感じた日でした。

子供のしりとり

一体何を作ってきたんだ

   [ 08月25日 ] カテゴリ:日記・雑文 | CM(-)

従兄弟の幼稚園に通っている次男が粘土で作ってきた物がテーブルの上に置いてありました。それは犬か猫か動物か何なのか解りませんでした。
従兄弟のお嫁さんに聞いた所「私にも教えてくれない。パパが帰ってきたら教える」って次男が言っていたそうなので、従兄弟が帰ってきた後次男を呼んで聞いてもらいました。

すると「パパは何に見える」と聞いてきたので「犬?」と言うと「違う」と言われたので、「猫?」と聞くと「違うよ」と言われていました。

色々言っていたのですが全く正解しません。するとヒントが出ました。

「馬に似ている」

と言うので「シマウマ」と答えたらまた違うと言われました。もう全く答えが出ないので聞くと・・・

「アルパカ」と言うのです。

アルパカは南米に生息している毛がフサフサした動物なのですが、ヒントになっていた馬とは似ても似つかない動物です。

しかも、なんでこの動物を知っているのかも謎でした。
粘土細工は実物のアルパカに全く似ていないのですが、一生懸命作った物なのでケースに入れて保管している幸せな従兄弟夫婦です。
一体何を作ってきたん


歌丸師匠が引退し、春風亭昇太が新司会に!円楽師匠の立ち回り。

   [ 07月02日 ] カテゴリ:日記・雑文 | CM(-)

先日、歌丸師匠がついに笑点の司会ならびに番組を引退してしまいました。そして後任となったのが、春風亭昇太さんです。この時の引退特番を見ていたのですが、春風亭昇太さんに向かって現円楽などの面々が、いくら渡したんだ~、などとガヤを飛ばしているのがとても面白かったです。

他にも円楽師匠は、おれが次の司会に決まってると前日までのワイドショーで豪語しつつ、バツが悪い様子で新司会にガヤを飛ばし続けていました。
さらに、こいつが面白くなくて視聴率が下がってしまった場合の保険なんだよ私は…と最後まで納得出来ない様子で番組と会見は終了しました。

こんな感じで歌丸師匠最後の出演の際も、円楽師匠はいつもの笑点のノリで面白い掛け合いを演出していたのです。
しかし、実は決定の発表自体は1月頃にすでに決定されていたというのですから驚きですよね。
ワイドショーでの前振りも、この番組での掛け合いも全て、芸の一つであったと気付かされると円楽師匠の素晴らしさをまたひしひしを感じることができました。

160702.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。