ネット生活-ライフ空間-

ライフ空間では、通販感想レビュー、覚書等好きな事を紹介しています!
ネット生活-ライフ空間- TOP  >  コミック・漫画・本
-ad-

「次元大介の墓標」ルパン三世スピンオフ第2弾映画

「LUPIN the third ~峰不二子という女~」に続くモンキーパンチ原作「ルパン三世」のスピンオフ作品第2弾が劇場公開が決まったみたいです。今度は次元大介!正式のタイトルは「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」。監督は、「LUPIN the third ~峰不二子という女~」で作画監督を担当されたアニメーター小池健氏が勤めるそうです。

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標画像

上記の次元の画像が格好良すぎる!!どんな状態でもカッコイイ!

次元大介といえば、やはりルパンの良きパートナーというイメージが強いですね。初代ルパン・山田康雄氏から栗田貫一氏に代わってからは、どことなくパートナーというより保護者っぽく見えることがあるのですが。それでもルパン三世には次元大介です!

マールボロのタバコにシケモク。ボルサリーノ製の帽子を愛用。そして愛用しているリボルバー銃「S&W M19コンバット・マグナム」。
S&W M19コンバット・マグナム画像
どれもとっても、ただただカッコイイ!小林清志氏の声も演技も、そのかっこよさを引き立てていると思います!何気ない一言が、渋くて素敵!ある意味全てが名言w

あの次元大介の渋さ、格好良さ、一体どんな作品になるんでしょうね!子供が見ても分からないぐらいのハードボイルドな作品になって欲しいと個人的には思う!初夏に限定特別上映されるという事なので今から楽しみな映画です!


http://eiga.com/news/20140321/2/

ついにお披露目!実写の巨人!進撃の巨人×スバルコラボCM動画

映画で実写化が決まっている「進撃の巨人(著・諫山創)」に出てくる巨人が、ついに映像として初お披露目!今回は自動車メーカーSUBARU(スバル)のSUV「フォレスター」のコラボCMでの登場です!CM監督も実写映画と同じく樋口真嗣氏が勤めたという事で、こんな感じで映画でも巨人が登場するのかなという目安にはなるのかなと。

実写進撃の巨人画像1
実写進撃の巨人画像2

思っていたより迫力があるという印象です!
今回のCMは、30秒で製作費数千万円にも及んだ。
というだけあって、予想していた巨人より怖いです!やはり金かっっ!!ww
でも、小さい子供が見たら泣きそうですねー!秋田県の子供が見たら、ナマハゲの一種かと思うのではw
にしても、やはり予想以上に迫力があるなという印象です!ラストに登場する50m級の巨人もなかなかの迫力!!
スバル(SUBARU)もCMに凄い力を入れましたね!でも、どうしても巨人に目がいってしまいますが!

しかし実写映画版のキャストはどうするんでしょうねー?
まぁ進撃の巨人に登場するキャラクターが日本人では苦しそうな顔立ちが多いので、どうしてもね・・・
とりあえずドイツ人系のハーフで固めるとか・・・
でも、最後はどこまでいっても演技力がものを言うでしょうが。
一体どんなキャストになるんでしょうかね!
ちなみにドイツ系ハーフ(ドイツの血が入っている)の芸能人、タレント、モデル、スポーツ選手はどんな方がいるのかなと調べてみたところ

男性:ウェンツ瑛士さん、マリウス葉さん(Sexy Zone、葉マリレーナさんの弟)、西木ファビアン勇貫さん(コンビ芸人:あわよくば)、酒井高徳選手(サッカー選手、兄弟も)
女性:トリンドル玲奈さん、トラウデン直美さん、水沢アリーさん、春香クリスティーンさん、葉マリレーナさん、LIZAさん

が、検索で出てきました。以外に少ないですね。もっと調べたら出てくるでしょうけど。 とりあえず、上記の方で実写版進撃の巨人は・・・ムリ!!!ww


by YouTube<ユーチューブ>
進撃の巨人×スバルフォレスター特設サイト-樋口真嗣監督へのインタビューも!
http://shingeki-forester.net/

キャプテン翼 シリーズ新作連載!次は五輪の頂点へ!高橋陽一

人気サッカー漫画の著者として世界的にも有名な高橋陽一さんの「キャプテン翼」の新シリーズ「キャプテン翼 ライジングサン」が「グランドジャンプ(集英社)」で連載を開始するようです。新シリーズのストーリーは、バルセロナでリーグ優勝決定戦を迎える大空翼が、五輪の頂点を目指し、U-23の日本代表キャプテンとして活躍するというストーリーだそうです。

翼くん達が海外でプレーする姿は、少し前ですとまだまだ現実味が帯びない話でした。が、今では本田圭佑選手がACミラン、長友佑都選手がインテルナツィオナーレ・ミラノに所属だったり、日本人サッカー選手もセリエAなど海外プレーできる機会が増えましたね!

森崎くんとどかない

高橋陽一さんの「キャプテン翼」は海外でもアニメが放映されているため、世界的認知度も高いです。例えば、
アメリカ合衆国『現地名:Flash Kicker』、イタリア『Holly e Benji』、スペイン『Oliver y Benji』、フランス『Olive et Tom』、ポーランド『Kapitan Jastrzab』、ドイツ『Die tollen Fußballstars』、南アメリカ各国 『Supercampeones』、ポルトガル 『Campeões Oliver e Benji』、ブラジル『Super Campeões』など、サッカー強豪国ほか、世界でアニメ放映されていています!
そのため海外のサッカープレーヤーにもキャプテン翼ファンは本当に多く存在し、 ジネディーヌ・ジダン(フランス)、アレッサンドロ・デルピエロ(イタリア)(イタリア)、ジェンナロ・ガットゥーゾ(イタリア)、ジャンルカ・ザンブロッタ(イタリア)、アンドレア・ピルロ(イタリア)、フランチェスコ・トッティー(イタリア)、メッシ(アルゼンチン、ティエリ・アンリ(フランス)フェルナンド・トーレス(スペイン)、ロナウジーニョ(ブラジル)
などなど、超超超が付く有名選手ばかり!本当に日本のアニメ、そしてキャプテン翼は偉大だと思います。

新連載はどうなっていくか分かりませんが、個人的には立花兄弟に頑張って欲しいです!
グランドジャンプ:http://grandjump.shueisha.co.jp/


進撃の巨人全11巻がオリコン5位から15位独占!年間100万部突破!

進撃の巨人(諫山創・講談社)の人気は凄まじいですね!コミックにアニメもヒットして、ついには、大みそかの第64回NHK紅白歌合戦に進撃の巨人のOPなどを唄うLinked Horizonが初出場もしますね!主題歌「自由への進撃(紅蓮の弓矢/自由の翼/もしこの壁の中が一軒の家だとしたら)」を壮大なオーケストラを呼んで歌うらしいですけど、どんな演出になるのかすごく楽しみですね!

でも全く「進撃の巨人」や「Linked Horizon」知らない、お父さん、お母さん、またはお爺ちゃん、お婆ちゃんは、キョトンとなりそうですね~。でも、新しい音楽も聴けるのが紅白歌合戦の面白さの一つだと思うので見守って欲しいww
せっかく紅白に出場なら他の出場アーティストの演出が霞むぐらいド派手にして欲しいかな♪

そんな「進撃の巨人」のコミックは、昨年のシリーズ総売上268.3万部から約6倍増となる1593.4万部を記録!しかも初のオリコン年間トップ10入り!さらに11巻すべてが年間売上100万部突破という、もう誰もが使用しているでしょうが、まさに”快進撃”を続ける作品です!
スピンオフも始まったり、連載もまだまだこれから盛り上がるでしょうし、またアニメ化や映像化など来年以降も破竹の勢いで突き進んでいきそうですね!
進撃の巨人
ちなみに1位から4位は、安定のONE PIECE/ワンピース(尾田栄一郎・集英社)がズデーンと独占していますwwこの牙城はもう暫くは崩せそうに無いですね!で、進撃の巨人とワンピースの2作品がランキングの独占をしている中、すぐ下の16位になったのはNARUTO-ナルト-でした!

オリコンが2日に発表した年間“本”ランキングのコミック部門で、『ONE PIECE』(尾田栄一郎・集英社)と『進撃の巨人』(諫山創・講談社)が上位15位までを独占した。1位から4位には『ONE PIECE』の69巻から72巻が、5位から15位には『進撃の巨人』のこれまで発売の全11巻がランクインした。
http://www.oricon.co.jp/news/video/2031467/full/


人気漫画「寄生獣」映画化&アニメ化/岩明均

あの後藤が映画&アニメで見れるだと!?人気漫画「寄生獣」(原作:岩明均)がついに映画化!そしてアニメ化も始動!「寄生獣」は、月刊アフタヌーン(講談社)で連載されていて、単行本累計発行部数は1100万を超える人気マンガです!文頭の「後藤」とはこの漫画に登場するキャラクターの名前です!とても強いんです!!ちなみに、映画は2部作で制作され、PART1とPART2に分かれており全国東宝系にて公開されるそうです。

岩明均原作・寄生獣は、謎の寄生生物と共生することになった、平凡な高校生「新一」の数奇な運命を描く。物語は人間の頭に寄生して人間を食べる『寄生生物』側、最初は捕食されるがままであったが後に反撃に転ずる『人間』側、そしてその中間者として存在する『新一とミギー』側という三者の構図で成立するが、話の焦点は新一に置かれている。

というような内容の作品で私も大好きな作品の一つです!
最初日本語を話せなかったミギー;も成長してくる過程も面白いですし、何と言ってもラストシーンは涙がでます!で、キャラとしては、やはり後藤が好きです!三木さんもなかなかですが!何かあの強さと風貌、そして最後のシーンがかっこよかったんですよね!

後藤さん
後藤1.jpg
これもまた後藤さん。
後藤2.jpg

で、アニメの方ははまだ詳細がでてないようですが、映画の方は監督と一部役者は決まっているようです。
監督:山崎貴さん
主人公・泉新一役:染谷将太さん
ヒロイン・村野里美役:橋本愛さん
田宮良子役:深津絵里さん

山崎貴監督は、とても人気があって個人的にも大好きな「ALWAYS 三丁目の夕日」や「ジュブナイル」や実写版ヤマト「SPACE BATTLESHIP ヤマト」に「永遠の0」の映画監督です。個人的にはマンガ原作を映像化するにあたっての監督としては、まずまずかなと。でも、やはり漫画原作の実写化は怖いですよねー。原作を知らなければ、まだいいのですが知っているとどうしても先入観がね。

配役に関して、主人公泉新一役がジャニーズとかモデルとか歌手とか顔を評価されている方ではなく俳優さんなので良かったかな。しかも「ヒミズ」でベネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞してるし、いろんな映画にもでて演技も上手いですし。ジャニーズとかモデルとか歌手の方でもいい場合はあるのですが、寄生獣の映画に関しては個人的に俳優さんがいいかなと。
ヒロイン・村野里美役の橋本愛さんは、「桐島、部活やめるってよ」「あまちゃん」が有名ですが・・・。
田宮良子役の深津絵里さんは、とても演技が上手いので好きな女優さんです。が、田宮良子役だとヴィジュアル的にどうかなと・・・。
実際、役者はある程度雰囲気が似てればいいかなと。結局、「寄生獣」という題材での映画が面白いかか重要なので、漫画のキャラクターと役者が似ているかはある程度でいいです。 ただ、原作をリスペクトした作品なら。

キャストでは、やはり寄生獣のキャラで好きな「後藤」役が誰になるかだな。そして「宇田守」役。この二人の役をする役者さんはヴィジュアル的にも寄せて欲しい。
あとはパラサイトの戦闘シーンがとても心配。ミギー(新一のパラサイト)と他のパラサイトとの攻防はCGになるでしょうが、陳腐なものになりそうで怖い。そして、宇田のパラサイト「ジョー」を表現しつつ、役者はそれに合わせて演技が出来るのか・・・

やばい!そんな事考えていたら不安でしかない(笑)
とはいうものの、実際見てみないと判断は出来ないのでどう映画化するのかは楽しみです!
寄生獣のアニメ化も、どの声優さんがどのキャラに当てるのか楽しみ!何故かわかりませんが、田宮良子役は声優の田中敦子さんに脳内でなってしまった♪
アフタヌーン公式サイト

漫画家・岩明均先生の現在連載中の作品「ヒストリエ」(講談社アフタヌーンKC)もデビュー前から構想を温めていた歴史漫画とあって、かなり面白いです!!ぜひ読んで欲しい作品です!