ネット生活-ライフ空間-

ライフ空間では、通販感想レビュー、覚書等好きな事を紹介しています!
ネット生活-ライフ空間- TOP  >  スポンサー広告 >  日記・雑文 >  ボランティアに「できますゼッケン」
-ad-

スポンサーサイト

   [ --月--日 ] カテゴリ:スポンサー広告 | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Advertisement

よろしければ応援して下さい(^v^)

PINGOO!カテゴリ日記 ブログランキング・にほんブログ村へ fc2 people

ボランティアに「できますゼッケン」

   [ 03月24日 ] カテゴリ:日記・雑文 | CM(-)

神戸の経験を生かしたいいアイディアですね。
これなら一目でボランティアの方と分かるし、何が出来るのかが分かるのでボランティア活動もスムーズに進みそうですね。

「できますゼッケン」は下記のサイトによりダウンロード出来ます。
http://issueplusdesign.jp/dekimasu/

今の自分で出来るとしたら、「力仕事・掃除の手伝い・炊き出しの手伝い・子供と遊ぶ」ぐらいでしょうか。
こういう時自分は何も出来ないなぁと実感してしまいます。

ボランティアに「できますゼッケン」=得意分野示し―「神戸の経験生かして」と考案
時事通信 3月24日(木)5時58分配信

 阪神大震災で被災した神戸市民らがつくる「デザイン都市・神戸推進会議」などが東日本大震災を受け、被災地で活動するボランティア向けのゼッケンを考案、23日発表した。
 「散髪」や「子どもの世話」など一人ひとりが得意なことを書き込めるようになっており、被災者がボランティアの「できること」を一目で分かるようになっている。
 同市職員で同会議メンバーの本田亙さんは「ボランティアに気軽に手助けを頼んだり、話し掛けたりするきっかけになってほしい。私たちの被災の経験が少しでも役に立てば」と話す。
 ゼッケンは「できますゼッケン」と名付けられ、色は、赤=医療・介護、青=ことば、緑=生活支援、黄=専門技能と分野ごとに分類。同会議のホームページ(HP)からダウンロードして印刷し、背中に張るなどして使う。  同会議によると、阪神大震災では、被災地に来たものの、何をしていいか分からず帰ってしまったボランティアも多かったという。本田さんは「得意分野を書くことでボランティアが覚悟や動機を固めることにもつながる。被災者とコミュニケーションのきっかけにもなれば」と話している。

関連記事
Advertisement

よろしければ応援して下さい(^v^)

PINGOO!カテゴリ日記 ブログランキング・にほんブログ村へ fc2 people



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。