ネット生活-ライフ空間-

ライフ空間では、通販感想レビュー、覚書等好きな事を紹介しています!
ネット生活-ライフ空間- TOP  >  ワードプレス
-ad-

スポンサーサイト

   [ --月--日 ] カテゴリ:スポンサー広告 | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seesaブログからロリポップへ!ワードプレスへの引越し方法

   [ 10月13日 ] カテゴリ:ワードプレス | CM(-)

無料のSeesaブログで、独自ドメインを利用して運営していたブログをレンタルサーバー「ロリポップ」!へ移転!
マルチドメインを利用し、且つワードプレス(WordPress)へと引越し!
さらに、STINGER5のテーマにした時の方法!

Seesaブログからロリポップへ!ワードプレスへの引越し方法

◆項目◆
①Seesaブログで書いていた記事をエクスポート
②DNS(ネームサーバー)の変更
③ワードプレスのインストール
④ワードプレスのテーマをSTINGER5へ変更
⑤Seesaブログの記事をワードプレスへ
⑥Seesaaブログからワードプレスへのリダイレクト方法
他:失敗したかも!と思った時

①Seesaブログで書いていた記事をエクスポート

まずは、Seesaブログで書いていた記事をエクスポートします。
Seesaブログにログインし、設定→エクスポートをクリック。

Seesaブログ設定

Seesaブログエクスポート

対象の期間を選択し、またコメント、トラックバック、タグも一緒にエクスポートするか選択します。
選択したら「エクスポート」というボタンをクリックし、ファイルを保存します。
Seesaブログエクスポート選択

保存されたファイルは「~.log」となっています。
Seesaブログ記事ファイルを保存

Seesaブログ記事のエクスポート保存

これで、Seesaブログの記事をワードプレスに移す準備が出来ました。

②DNS(ネームサーバー)の変更

独自ドメインは、ムームードメインで購入したので、まずはムームードメインへアクセスし、DNS(ネームサーバー)の変更をします。


ログイン後、「ドメイン管理」の「ネームサーバ変更」→変更したいドメインの「ネームサーバ変更設定」をクリック。
ムームードメインネームサーバ変更設定

ロリポップ!レンタルサーバーにチェックを入れて、
ムームードメインロリポップ!レンタルサーバーにチェック

ページ下部の「ネームサーバ設定変更」をクリック。
ムームードメインネームサーバ変更
これで、まずは独自ドメインをロリポップ!で使用するための設定が完了しました。

因みに、ロリポップ! のDNS(ネームサーバー)は以下。ok プライマリネームサーバー:uns01.lolipop.jp
セカンダリネームサーバー:uns02.lolipop.jp

「ドメイン管理」の「ドメイン一覧」→変更したドメインをクリック。 ムームードメイン管理

ムームードメイン一覧

ムームードメイン 内ネームサーバ設定変更の項目が、ロリポップ!のものが表示されていればOKです。
ムームードメインロリポップのネームサーバー

ネームサーバーの反映には、2~3日かかる場合があるので、ここで引越しの準備は少し中断。
ムームードメインのネームサーバー反映2~3日

は、せず、次にロリポップ!にログインします。

ログイン後、マルチドメインの設定のため「独自ドメイン設定」を開きます。
ロリポップ独自ドメイン設定

「独自ドメイン設定」をクリックして、Seesaブログで使用していた独自ドメインを記入します。
公開(アップロード)フォルダは任意に記入し、「設定」をクリックします。
ロリポップ公開(アップロード)フォルダ

サイトが反映されるまでに少々時間がかかるので、ここで引越し作業は今度こそ中断になります。
ロリポップマルチドメイン反映中

3時間程放置して、ロリポップ!にログインし独自ドメインを確認してみると、反映が完了していました。
ロリポップマルチドメイン完了

③ワードプレスのインストール

次は「簡単インストール」を使って、ワードプレスを使えるようにします。
ロリポップ簡単インストール

インストール先のURLをワードプレスを使用したいドメインにします。
簡単インストールドメイン

サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを記入して、インストールをします。
簡単インストール記入

あとでリダイレクトするので、一旦「検索エンジンによるサイトインデックスを許可しない」にしています。
ワードプレスにログイン後、設定→表示設定からいつでも変更は可能です。
ワードプレスの検索エンジンによるサイトインデックスを許可しない設定

「正常にインストールが完了いたしました」
と表示されれば、ワードプレスの導入は完了です。
簡単インストール正常にインストールが完了いたしました

実際にログインしてみます。
ワードプレスログイン

推奨は「/%postname%/」です。
Stinger5は自身で投稿毎に英数字スラッグを指定しない場合は自動的にIDを付与する仕様を採用(ver20141011より)しております。日本語URLを使用したい方はこちらを参考にして下さい。

ということなので、設定→パーマリンク設定で、「カスタム構造」にチェックを入れて「/%postname%」を追記します。
ワードプレスパーマリンク設定カスタム構造

④ワードプレスのテーマをSTINGER5へ変更

STINGER5のダウンロードをまずします。
STINGER5ダウンロード>>

ワードプレスの管理画面に入り、外観→テーマ→新規追加→テーマのアップロードを選択します。
ワードプレステーマ新規追加

ワードプレステーマのアップロード

先ほどダウンロードしたSTINGER5のテーマをzipのまま選択し、「いますぐインストール」をクリックします。
ワードプレスSTINGER5いますぐインストール

「テーマのインストールが完了しました」と表示されれば完了です。あとは有効化にすれば、テーマがSTINGER5に変更となります。
ワードプレスSTINGER5インストール完了

⑤Seesaブログの記事をワードプレスへ

STINGER5が導入できましたら、エクスポートしたSeesaブログの記事をインポートします。
「ツール」→「インポート」の「MovableTypeとTypePad」を選択します。
ワードプレスインポート

ワードプレスMovableTypeとTypePad選択

「MovableTypeとTypePad」がインストールされていない場合は、以下の画面が表示されるのでインストールをします。
ワードプレスMovableTypeとTypePadインストールされていない場合

インストール後、再度「MovableTypeとTypePad」を選択し、エクスポートしたSeesaブログの記事のファイルをインポートします。
Seesaブログの記事ファイルをインポート

ここで、エクスポートしたファイルが2MB以上だと、インポートが出来ません。
これはサーバーに負荷が掛からないようにするために、ファイルの制限が掛かっています。
Seesaブログの記事ファイルをインポートが出来ません

この場合は、ロリポップ! のユーザー専用ページにログインし、「WEBツール」→「PHP設定」をクリックします。
ユーザー専用ページPHP設定

対象ドメインのphp.in列「設定変更へ」をクリックします。
ユーザー専用ページphp.in設定変更

upload_max_filesizeという項目がありますので、そこを2Mから20Mに設定変更します。
upload_max_filesize20M

php.inを設定する

設定後、再度ワードプレスに戻り、「MovableTypeとTypePad」を選択し、エクスポートした記事ファイルをインポートします。
そうすると「投稿者の割り当て」という画面が表示されます。
ここは任意で記入します。
ワードプレス投稿者の割り当て

「実行」をクリックするとインポートが開始され、記事のインポートが終わると、ページ下部に「すべて完了しました」と表示されます。
記事のインポート完了

これで、Seesaブログ(独自ドメイン利用)をロリポップ!へ移転(マルチドメイン利用)し、且つワードプレスを利用。
さらに、STINGER5のテーマを導入が完了です。

ロリポップ!へ接続する際は
●FTPサーバー名(ホスト名):FTPSサーバーを入力
●ユーザー名(アカウント名):FTP・WebDAVアカウントを入力
●ルートディレクトリ:公開(アップロード)フォルダに任意で記入したフォルダ名
●パスワード:FTP・WebDAVパスワードを入力モード
●接続モード:パッシブモード
になります。

ここから、画像アップロードやURLの変更、記事URLの変更など、まだまだやることがありますwww

⑥Seesaaブログからワードプレスへのリダイレクト方法

リダイレクトをしておくと今までのサイト評価も引き継がれますので、しっかりやっておきます。
Seesaaブログにログインし、デザイン→HTMLをクリックして、内に以下を追記します。
Seesaブログリダイレクト方法

<% if:page_name eq 'article' -%><br />
<link rel="canonical" href="http://独自ドメインのURL/<% extra_keywords %>" /><br />
<meta http-equiv="refresh" content="10;url=http://独自ドメインのURL/<% extra_keywords %>" /><br />
<% else -%><br />
<link rel="canonical" href="http://独自ドメインのURL/" /><br />
<meta http-equiv="refresh" content="10;url=http://{WordPressのURL}/" /><br />
<% /if -%>

失敗したかも!と思った時

ワードプレスへの移行も終わってすぐ、再度ワードプレスにログインしようとすると以下のように、

Seesaブログ404 Not Found お探しのページは見つかりませんでした

「404 Not Found お探しのページは見つかりませんでした」の表示が。
しかも、Seesaブログの表示が・・・

もし、このような表示が出ても焦らず、DNS(ネームサーバー)がロリポップ!になっているなら暫く時間を置いておきましょう。
または、ブラウザのキャッシュ削除を行ってみましょう。

それでも、変わらないようであればSeesaブログの設定→独自ドメインの「マッピングしているドメイン名のFQDN」を削除してみると表示されるようになるかもしれません。
Seesaブログの設定独自ドメイン
Seesaブログマッピングしているドメイン名のFQDN削除

Seesaブログもカスタマイズできるので良いのですが、やはりワードプレスの方がプラグインも充実しているので使い勝手がいい!Seesaブログで独自ドメインを利用した時は、あまり考えていなかったのですが、ついに引越し作業をしました。
ここの方法は、あくまで自分で行った時の方法なので、参考される場合は自己責任でお願い致します。



スポンサーサイト

WordPress 固定ページで画像パスを短くする方法

   [ 06月15日 ] カテゴリ:ワードプレス | CM(-)

WordPress(ワードプレス)の固定ページには、テンプレートタグを使用する事が出来ません。そのため画像を挿入する際は、長い絶対パスを書かなければなりません。それが面倒なので固定ページ画像パスを短くする方法。

 固定ページで画像パスを短くする方法

絶対パスでWordPress固定ページに画像を挿入する場合。

<img src="http://hogehoge.com/wordpress/wp-content/themes/example/img/sample.jpg">

となります。
これを短くする場合は、functions.phpに以下を追記しアップします。

そして、画像を挿入したい固定ページに
<img src="img/sample.jpg">
と記入すればOKです。
こちらの方がurlも短いので便利です。


WP Social Bookmarking Lightが親サイトで勝手に表示!削除したい!

WordPress(ワードプレス)で親サイトと子サイト(ブログ)というマルチサイトで運営。その子サイトのブログのみ、ソーシャルボタンを表示するWordPress(ワードプレス)プラグイン「WP Social Bookmarking Light」を導入。そうしたら、親サイトにも勝手に表示されてました。

親サイトはオリジナルテンプレートを使用。ソーシャルボタンもオリジナルで表示させようと考えていたので、予期せぬ出来事でした。
まぁ「WP Social Bookmarking Light」のソースコードを探して削除すればいいかと思い、探索。

でも、見つからない・・・

削除する方法はないのかな・・・と思っていたのですが、プラグインを表示しなければいいという結論なりました。

非表示の方法は、設定 → WP Social Bookmarking Light と移動します。
 WP Social Bookmarking Light非表示1

設定ページの「位置」で「Non」を選択し、変更を保存します。これでソーシャルボタンは一つも表示されません。非表示に出来ます。
WP Social Bookmarking Light非表示2

他にいい方法があるような気がするけど、というか何となく削除したい。とりあえず非表示にはなったのでよしとしよう。


TwentyFourteen「updateがありません」「ノードが空です。適切かどうかを再度確認し、削除を検討してください。」

   [ 03月15日 ] カテゴリ:ワードプレス | CM(-)

ワードプレス(WordPress)のテンプレートTwentyFourteenにおいてグーグルウェブマスターツールで「updateがありません」というエラーがでた。そして、 Testing Toolで確認してみると「ノードが空です。適切かどうかを再度確認し、削除を検討してください。」という忠告がでている。その対処方法。

「updateがありません」というエラーが出ています。

updateがありません


Testing Toolで確認。

Testing Toolで確認


hcardをクリックすると、「ノードが空です。適切かどうかを再度確認し、削除を検討してください。」と表示されています。

ノードが空です。適切かどうかを再度確認し、削除を検討してください。


対処方法としては、ノードが空ということで、いっそのこと削除することにしました。
また、「(ログイン)ユーザー名」がバレるのを防ぐのでセキュリティ面でもいいと思ったので。

Googleウェブマスターツールの構造化データのエラーを修正するために以下をfunction.phpに追加していたので、

「<span class="byline"><span class="author vcard"><a class="url fn n" href="%4$s" rel="author">%5$s</a></span></span>」
の部分を削除することで、エラーがでなくなりました。
function.phpを以下に変更。

これで一先ず回避出来ました。

グーグルウェブマスターツール問題ありません

現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。の対処方法|ワードプレス

   [ 03月15日 ] カテゴリ:ワードプレス | CM(-)

ワードプレス(WordPress)で操作をしているといきなり現れた【現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。】という表示。初めての経験だと驚いてしまいます。何か余計な操作をワードプレスでしたのかなと思ってしまします。

現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。の対処方法

上記の画面になったら、焦りますよね。もう少しソフトな表示にならないものかw

◆現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。の対処方法

対処方法はとても簡単!
「.maintenance」
というファイルを削除すっるだけです。

【現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。】となっているので、ワードプレスの管理画面からは削除出来ません。
そのため、ffftp等を使用して削除して下さい。

原因としては、ワードプレスのバージョンのアップデートやプラグインの更新の時に、”その更新が終わる前に”管理画面から移動すると、この表示がでるようです。
本来なら、更新時に「.maintenance」が自動生成され、更新終了と同時に無くなるはずなのですが、移動したことによって残ってしまったのが原因のようです。

ワードプレスのバージョンのアップデートやプラグインの更新の時は、焦らずに終了するのを待ちましょう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。